イベント情報

ホームの中のイベント情報の中の犬子ひょうたん祭 (祇園祭)

イベント情報を探す

キーワード検索

検索

エリアマップ検索

鹿北地区 山鹿地区 鹿央地区 鹿本地区 菊鹿地区

開催期間検索

クリア クリア 参加募集中のイベント

ジャンル検索

  • クリア
  • 検索

犬子ひょうたん祭 (祇園祭)
お気に入りリスト

まつりの起こりは、江戸末期。山鹿に流行していた疫病をどこからとともなく現れた子犬が消滅させ、町を救いました。それから米の粉で作った子犬のお守りを買い、部屋の隅に飾り無病息災を祈願するようになったといわれています。

二次元コード

http://www.yamaga-kankoh.hinokuni-net.jp/m/spots/detail/42/isEvent:1

お気に入りに追加

開催日 2016年6月2日~2016年6月15日
所在地 〒861-0501 熊本県山鹿市山鹿196 八坂神社(大宮神社境内内)
料金 なし
駐車場 臨時駐車場有(約300)
アクセス 九州自動車道菊水ICから県道16号、国道325号線を利用して15分

エリア名 山鹿エリア
ジャンル 【祭り・イベント】祭り・イベント|伝統行事
お問合せ [山鹿市商工観光課]
0968-43-1579
0968-43-8795
詳細

毎年6月15日に八坂神社(大宮神社境内)で行われる祭りです。

 祭りの起こりは江戸末期といわれています。ある年のこと、疫病が流行し、山鹿の里人たちはあらゆる疫病退散の祈願をしても効果がないので困り果てていました。その時、祇園の神が枕元に立ち、「現在の祠(ほこら)は、低地で不浄である。小高い杉山の地へ宮居を移すように」と告げられました。そこで、中村の庄屋の屋敷にあった八坂神社を現在の社地に造営し、遷座(せんざ)する事になりました。その時、どこからとともなく子犬が現れ、神輿(みこし)に供奉(ぐぶ)して離れず、無事に遷座がすむと消えてしまいました。その後、疫病は消滅。里人たちは「あの子犬たちは、祇園さんの化身か使いものに違いない」といい、子犬の姿を、祇園さんの好きな酒を入れる「ひょうたん」とともに米の粉で作り、疫病除けのお守りとして一年間部屋の隅に飾るようになりました。

 また、祇園祭の日は「初かたびら」といい、土地の人はこの日から浴衣を着始める習慣があります。若い女性や小さな子供が浴衣姿で訪れ、山鹿の風物詩のひとつとなっています。

 この日に小雨が降ると豊作間違いなしといわれています。

地図
近辺情報
  • 山鹿灯籠まつり
  • 八千代座エリア
  • 祭り・イベント
  • 温泉・宿泊
  • 自然・遊び
  • 歴史・文化
  • 体験・学び
  • パワースポット
  • 名物・特産・グルメ
  • スポーツ・レジャー
近くのスポット